ダイオード/半波整流(1)

ポイント
〇交流回路にダイオードを接続すると、「一方向のみ電流」が流れる
 ・ダイオードの整流作用
  →順方向バイアスが印加されたとき、電流が流れる
 ・電源周波数の「半周期がON、半周期がOFF」となる
  →半波整流という

〇複数の電源が接続される場合、ダイオードにかかる電圧に注目する
 ・順方向バイアスが印加されたときに、ダイオードはON(抵抗\(0\,\,\Omega\))

  →このときダイオードにかかる電圧は\(0\,\,\rm{V}\)
 ・逆方向バイアスが印加されたときに、ダイオードはOFF(回路は開放)
  →このときダイオードには電源電圧が印加される
 ・電流は必ず一方向しか流れない
  →電源電圧の向きではなく、ダイオードにかかる電圧の向き